明治鋼業の仕事について、現場の声をお届けします。

STAFF INTERVIEW

山田 健一郎

鋼板二部

山田 健一郎

2015年中途入社

業務内容は?

鉄鋼商社やリース会社・ユーザー向けに薄鋼板やフォーミング製品(軽量形鋼や各種デッキプレート)の営業をしております。首都圏を中心とした関東近郊、北陸地区、名古屋地区を担当エリアです。

必要なスキルは?

営業ですから、商品知識や業界動向など必要な知識・スキルはたくさんありますが、あえていうと第一印象力でしょうか(笑)
明治鋼業の製品を売り込むということは当然大事ですが、それ以上にいかに自分自身を営業先に売り込むかが大事だと思っております。

先輩方の仕事ぶりは?

明治鋼業の先輩方は、元気で楽しそうに働いていると業界内での評判でした。
私も中途入社で外から見ていましたが、長い間働いてみたいと思っていました。

明治鋼業のここが好き!

創業90年を超える長い歴史。
その歴史の中で築き上げたお客様とのつながりが脈々と続いています。
そこに自分自身が関わることでさらに成長していけると日々感じます。
また、伝統を大事にしながら、各々の裁量に応じて時代に合わせた新しいアイテムをお客様に提案できる文化があります。非常に働きやすい職場だと感じています。

細海 美桜

総務経理部

細海 美桜

2014年入社

宇田川 優

鋼板二部

宇田川 優

2014年入社

この仕事を選んだ理由は?

(細海)
きっかけは高校の就職課の先生の紹介でした。
商業高校で取得した全商簿記やワープロ検定1級の資格を生かせると思い応募しました。

(宇田川)
私も同様、簿記の資格を生かせればと思い応募しました。高校の先生の紹介で明治鋼業を知りました。

業務内容は?

(細海)
私は総務経理部に所属しています。
経理全般ですが、売掛金の管理や、経費等の支払い業務を主にしております。

(宇田川)
私は鋼板二部の所属で、ユーザー向けの営業部のアシスタントを担当しています。

必要スキルは?

(細海)
総務経理に関して言えば、最低限の簿記の知識は必要だと思います。

(宇田川)
エクセル、ワード等の基本的な使い方を理解していると良いと思います。

先輩がたの仕事ぶりは?

(細海)
それぞれの仕事ぶりは当然見習うべき点は多いですが、部下の教育やお客様への接客の仕方など、見習いたい点がたくさんあります。非常にやりがいがある職場だと感じています。

(宇田川)
そこまで人数が多い会社ではありません。
だからこそ、各々が自分の役割に責任を持ち仕事をしていると感じています。

明治鋼業のここが好き!

(細海)
とてもアットホームな会社だと感じています。

(宇田川)
先輩方もみなさん優しく、わからないことも非常に話しやすい環境です。

藤原 啓太

製造オペレーター

藤原 啓太

2013年入社

この仕事を選んだ理由は?

私は工業高校出身です。高校で学んだ知識や経験を生かせる、と考え明治鋼業を志望しました。

業務内容は?

主に、建築物の床や屋根材であるデッキやキーストンプレートという建材製品の製造を手掛けています。

必要スキルは?

栃木工場では、薄鋼板のロールフォーミング加工を行っております。
一番難しいのは、機械の操作と製品加工をする為に必要なロールの調整技術です。

先輩がたの仕事ぶりは?

私が入社した当初は、先輩がたの仕事の手際よさや段取りの仕方など驚かされてばかりでしたが、数年経過するにつれて、自分自身も先輩方に負けないような仕事ができるようになってきたと感じています。
日々、先輩方と仕事をする中で、多くのことを学び、勉強しています。