太陽光架台特集

太陽光発電の構成機器の中でも、その良し悪しが議論されてこなかった太陽光架台。しかし太陽光発電システムを永く運用するには、架台がとても重要な役目を担っており、発電システム自体の寿命や、システムの減価償却期間にも大きくかかわっています。

自然環境に左右されない安定した架台

太陽光発電を設置する場合、全国各地で異なる日射の強さ、設置条件(方位・角度・システムの周辺環境)、気候・温度条件などを考慮しながら、太陽電池モジュールが最高のパフォーマンスを発揮されることが重要です。このため、雨や強風、雪、落ち葉、塩害、地震などあらゆる自然環境に左右されない安定した設置が不可欠です。同時に長年の使用に耐えうる架台の材質や耐久性、耐食性などが大いに問われます。

よりハードな環境に耐えうるタフな材質

そこで太陽光発電をフル活用して、エネルギーを効率よく得るための重要ポイントとなるのが、架台の設置です。明治鋼業では、あらゆる自然環境に対応できるよう「高耐食性溶融めっき鋼板」を用意し、低コストで短納期の際にも、プライスパフォーマンスに優れた材料をご提案しています。もちろん構造、設置方法まで、妥協のない仕様に加え、明治鋼業ならではの現場力やこだわりが凝縮。安全かつ安定した太陽光発電システムを実現できます。

C形鋼写真
C形鋼写真

溝形鋼
溝形鋼

山形鋼
山形鋼

Z形鋼
Z形鋼

在庫状況はこちら

また、上記の品種だけでなく、フォーミング製品で培った実績から得た対応力により、使用条件や屋根の形状に左右されることなく設置することができます。また、お客様の設計に合わせた形状にも対応し、指定寸法の切断及び孔あけも、柔軟に対応しております。
太陽光発電システムや、特殊仕様の太陽電池モジュールの導入の際には、お気軽にお声がけください。

明治鋼業の太陽光架台なら…

  1. 後めっきからプレめっきに変えることで板厚を下げることが可能です。
  2. めっき賃、輸送費の削減 及び 納期短縮が可能です。
  3. 長手方向の切断部防錆処理装置によりオンラインによる
    タッチアップ塗装(初期錆防止)が可能です。
  4. 既存の設計図を基に、弊社で軽量化した架台のご提案が可能です。

太陽電池モジュールを支えるのはもちろん、風圧や積雪、地震にも耐えられるよう頑丈に設計しております。明治鋼業は「次世代の社会のために、今できること」をスローガンに、今後も太陽光発電の普及のお手伝いをいたします。

太陽光架台なら

太陽光架台なら